スマート&クリーンラハティ

2040年までにカーボンニュートラルとゼロ廃棄都市を目指して

ラハティは、2040年までに、カーボンニュートラルでゼロ廃棄都市となり、過剰消費を抑えるという目標を設定しています。デジタル環境とインテリジェントデザインにより、住民が高品質の生活を楽しむことができる持続可能な都市環境を作り出すことができます。

持続可能な行動は、スマート都市の発展において注目を集める価値があります。都市は、この地域で形成されたベストプラクティスを強化するうえで重要な役割を果たしていますが、他の地域で作られたうまく機能するモデルも活用しています。

気候変動への適応は、これまで以上にラハティの環境活動に含まれるようになってきました。また、一方で、長期目標は地球規模の気候変動に対抗することです。

循環経済は、ラハティ地域における特定の焦点テーマとなり、開発作業において明示的に取り上げられています。住民の視点は、全体的な土地利用計画だけでなく、都市の一般的な開発にも体系的に含まれています。

持続可能性、循環と効率性は価値を付加するだけでなく、ビジネスマン、意思決定者、住民の中核価値でなければなりません

湖の修復から緑の街になるまで

ラハティには、環境研究と先駆的な持続可能開発の長い伝統があります。1970年代半ばから始まって以来、ヴェシヤルヴィ湖の修復は世界的に有名な淡水修復プロジェクトとなっています。湖の大幅な改善は、いくつかの組織と協力して行われてきた永続的な作業の結果ですラハティには、都市水文学の専門知識の強力な基盤があり、多くの災害復旧方法の先駆者として活動してきました。

1990年代、ラハティはリサイクルの大きな進展を経験し、独自の地域廃棄物選別および処理文化を創造しました。リサイクルと物質処理の革新の時代を切り拓きました。

今日では、循環円形経済が成長指向のビジネスをラハティ地域にもたらし、新しい持続可能なソリューションがますます世界的な注目を集めています。リサイクルはキッチンで始まり、家庭ごみの96%が再利用されています。私たちの日常生活には、物質処理、資源効率、スマートな都市計画などの循環経済があるように思えます。

リサイクルはキッチンで始まり、家庭ごみの96%が再利用されています

需要と供給のバランス

ラハティは様々な廃棄物においてエネルギー生産モデルに対する世界をリードする卓越性を開発しました。クジャラ廃棄物処理センターとキミヤールビのラハティエネルギーの関係者の間の協力により、このモデルが有益であることが確認されました。

再生可能エネルギー事業者間の多段階開発作業により、ラハティはエネルギーに依存することが減り、スマートでクリーンな都市になるためのもう一つの重要なステップとなりました。ラハティ地域の温室効果ガス排出量は、現地のクリーンソリューションのおかげで過去30年間で37%減少しました。ラハティは2040年までにカーボンニュートラル都市になることを目指しています。

ラハティは様々な廃棄物においてエネルギー生産モデルに対する世界をリードする卓越性を示しています

環境に優しい&都市

ラハティにおける持続可能な都市開発とは、信頼性のある監視、長期計画、様々な土地利用モデルを意味します。住民、団体、企業のニーズに基づいて、多段階環境活動が行われています。

継続的な市議会レベルマスタープランは4年ごとに更新されます。これは、全体的な経済、モビリティ、子供にやさしい都市環境、住居と生活のニーズ、生態学的な都市環境など、様々な方法で環境に優しい成長を予測・評価します。

都市部と使用されなくなった領域の共通ビジョンを作成するためのラハティの土地利用計画モデルは、国レベルと同様に革新的かつ固有なものとなります。

 

環境に優しいネットワークに参加する

いくつかの国際的なパートナーシップ、開発プロジェクト、環境プログラムが新しい環境に優しい成長を支えています。ラハティは、ラハティ持続可能エネルギー行動計画(SEAP)の一環として、42の進行中の気候変動対策を遵守することにより、長期的な気候変動対策を実施しています。また、ラハティは、フィンランドで2020年までに世界的に有名なクリーン技術基準プラットフォームの構築を目指す国内のスマート&クリーン財団と提携しています。

欧州グリーンキャピタルコンペティションのファイナリスト

ラハティは、環境に配慮した開発と持続可能な成長への適応により、国際的に認知されています。2017年、ラハティは、欧州グリーンキャピタル2019コンペティションのファイナリストに選ばれました。コンペティションは、12の環境目標の達成を促進した都市を称えるために毎年欧州委員会によって組織されています。グリーンキャピタルとしてのラハティのコアメッセージは次のとおりです:

  • 市内では、すべての住民を環境活動に従事さます:ラハティはあなたの環境都市です。
  • 国内では、私たちは都市環境を重要なテーマとして強調しています:一緒にもっと良い街を作りましょう。
  • 国際的に、私たちは変化に直面している幅広く長期的な開発プロジェクトについて伝えます。

ラハティが再び欧州グリーンキャピタル2020になるために、政治的コミットメント、野心的な戦略目標、長期的な実践的な環境活動が強調されています。

 

2015年、ラハティは、WWFアースアワーシティチャレンジの一環として賞を受賞しました。ラハティは、その年のフィンランドの優勝者であり、世界の16のベストシティのうちの1つです。

ラハティは、欧州グリーンキャピタル2019大会のファイナリストであり、2020年に再び参加しています。

新たな技術革新とソリューションに向けて

研究開発に関する国の支出をGDPの割合として見た場合、フィンランドはリストの4番目に位置し、パイヤト=ハメ県はフィンランドで最も革新的な地域です。ラハティの技術革新システムは、市場主導型の考え方に基づいており、ユーザー主導の課題が技術革新の基盤となっています。

今日では、ラハティは約10,000の企業の成長の中心地であり、主要な場所にチャンスがあふれています。企業、公共部門、大学間の連携を特徴とする地元のエコシステムは、ラハティ地域の経済にとって重要な強みとなっています。

伝統的なクラスターであるクリーン技術、メカトロニクス、構造により、地元企業が自らを改革し、ラハティを環境のパイオニアに導いた伝統的な分野を活性化することができます。循環経済ウェルテックデザインが、この地域を新しいソリューションに向けて推進しています。ラハティの強力なネットワークに参加してください。

 

 

未来の技術はすでに存在しています。今はそれを実現する方法を見つけることが問題です。